土地の事をもっと学ぶ【土地の大辞典】

土地の大辞典

共有名義の土地の注意点

共有名義の土地の注意点

共有名義というのは、たとえば土地を複数の人が出資して購入したという場合に、その出資した割合に応じた持分を決めて、それぞれが権利をもつものとして登記することをいいます。
こうした共有名義というのは、単独で所有権を登記している土地とは異なるということをふまえて、注意しなければならない点もあります。
共有であるという以上は、登記の名義人のすべてが、その財産について、一定の権利をもっているということですので、将来的に売却処分をしようとするときにも、片方だけの権限ではできず、かならず他方の所有者の承諾を得なければならないということになります。
また、たとえば共有名義の土地をもっていた人が亡くなって、その子供が相続をしたという場合には、基本的に持分を相続するということになりますので、土地全体に対して支配をするだけの権利がなく、結局はもっていても使えないということになってしまうといったデメリットがあるのです。

土地区画整理事業について

土地区画整理事業というのは、道路や公園、河川などといった公共施設を整備するとともに、土地の区画を利用しやすいものへと工事によってととのえるための事業のことをいいます。
これには市町村などが直接施行するものと、組合のような組織をつくって施行するもの、実際にはまれなケースですが、個人で施行するものといった種類があります。
公共施設が近くになくて不便な場所で区画整理をするのであれば、減歩といって、もともとの持ち主から一定の割合で土地を提供してもらい、これを生かして道路や公園などを整備することになります。
減歩によって面積が減ってしまうことに意味はあるのかどうかですが、道路などができるのにあわせて、個人の土地についても、これまでの不正形で使いにくかったものが改められて、整形されて使いやすいものとなりますので、その分だけ価値が上昇して、実際的には地権者が損をしなくてもすむようになりますし、将来売却する際にも高く売れるようになります。

メニュー

『土地 名義』 最新ツイート

@senki_bot

[民][法定地上権2] 成立要件は 1.抵当権設定当時に建物が存在すること。設定後の築造は認められない(判例)。法定地上権が成立すると競売価格が下落するので、更地として土地を評価した設定者を保護するため。 なお建物は存在していればよく、所有者が登記名義を有する必要はない(判例)。

1時間前 - 2017年10月23日


@ant_soul12

他人名義の土地が誤って登録されて、平成12年度~課税されててお詫びの文章がw 原野で小さい土地だから端数処理で100円返金w 気を付けないと知らない名義が混ざってるかもね。 https://t.co/4cJ3yIYqNI

1時間前 - 2017年10月23日


@mens_shufu

固定資産税Q&A  隣の土地を購入場合の税金を安くする方法は? 節税対策?名義は? https://t.co/H1T6HmTudS

2時間前 - 2017年10月23日