土地の事をもっと学ぶ【土地の大辞典】

土地の大辞典

土地に建物を建築するために行う地盤調査

土地に建物を建築するために行う地盤調査

土地に家を建築する際には、地盤の層序を調べる必要が生じてきます。
地震国の日本においては、耐震性を確保するための改良工事が必要な場合もあります。
浅い地層に支持層がある場合には、直接基礎で構築することが可能ですが、軟弱地盤であれば杭基礎を支持層まで打ち込む必要があります。
安心して建築を行うためにも、土地の組成や歴史を知っておくことが懸命です。
盛土や切土の違いも理解して、未固結の地盤への対処もしておくと良い備えになります。
ボーリング調査をすれば、水はけの具合までも確かめられます。
地震発生時に液状化が発生しやすいことが分かったときにも、地盤の改良を行う必要が生じます。
土地の支持層になる地盤としては、上総層群などが首都圏では利用されます。
東京都心部では東京礫層が支持層として利用され、地震に強い高層ビルが構築されています。
支持層となる地盤は表層のローム層よりは古いために、しっかりと固結している特徴を有しています。

土地の差し押さえの流れや抵当との関わり

土地の差し押さえとは、本来は所有者にある使用・売却といった処分権を申し立てによって剥奪する行為の事を指します。
従って実行の為には土地所有者の債務に対する債権者の申し立てが不可欠で、その目的は専ら債権回収である必要性があります。
差し押さえは民事執行法に基づいた裁判所の権限によって、登記が為される事によって発動されます。
その後の流れについても目的が明確である事から共通したものがあり、裁判所による競売を経た後に入札を経て、購入者の代金入金後にこれを債権者が配当の形で受け取る事によって完了します。
期間としては一連の手続きを経て配当の受領が済むまでには、1年程度を要する事となります。
その為回収に時間が掛かる上に、土地に対して売却見込み額以上の抵当権が設定されているようなケースでは、抵当権者が優先して配当を受け取る為に他の債権者の利益に繋がらないという側面もあります。
故に、抵当権の行使・差し押さえのどちらを優先するかも含めて、実際のやり取りは決定される事になります。

メニュー

『建物 地盤』 最新ツイート

@gW6HXyi8sqK48K7

Ⅳ:構造計算 建物の振動 ●建物の固有周期は、地盤の固有周期と一致しないようにする方が良い。 ●振動が時間経過とともに小さくなる現象を「減衰」その度合は「減衰定数」 ●建物は、その固有周期又はそれに近い周期で加振される場合、一般に減衰定数が小さいものほど、大きい振動が発生する。

3時間前 - 2017年10月23日


@Dvergr_not

まー建物一つ守った所で、地盤ごと揺さぶられちゃったら無傷とはいかないか

4時間前 - 2017年10月23日


@tanukidanisan

昨夜の台風21号の影響で大規模な倒木が発生し、建物2棟が全壊しました。未だに地盤が緩み当地区の避難勧告が発令されています。従いまして、参拝者の安全を確保するため本日も閉山とさせて頂きます。当山

8時間前 - 2017年10月23日