土地の事をもっと学ぶ【土地の大辞典】

土地の大辞典

先祖伝来の土地の維持管理

先祖伝来の土地の維持管理

先祖から受け継いできた土地を維持することは、少子化の時代では難しくなっています。
農地の場合には、後継者がいなくて荒れ地になってしまう例もあります。
宅地の場合でも、後継者がいない家庭であれば、やがては手放す決断を迫られることも考えられます。
逆に子供が沢山いる場合には、相続の難しさにも直面します。
土地を維持するのが難しい場合には、使いたい人に貸してみたり、あるいは売却してしまう選択肢もあります。
貸し出す場合には、有効な資産運用として利用できるメリットがあります。
先祖伝来の土地を手放すことに抵抗がある人も少なくありませんから、一時的に貸し出しをして、子や孫の代に受け継がせる方法も選べます。
最近では太陽光発電のための土地を貸して、維持費を軽減させている例も増えています。
そのままにしておけば、夏には雑草で荒れ放題となり、近所トラブルの原因にもなります。
ところが、太陽光発電のために貸しておけば、草刈りなどの面倒な作業で悩まされることもなくなります。

土地を売却する方法

土地を売却する方法は、2種類あります。
「仲介」と「買取」です。
両者は、不動産業者に依頼するという点は同じですが、以下のような違いがあります。
仲介は、不動産業者が買い手を探します。
具体的には、広告を打ったり、業者間のネットワークを駆使するなどの方法が使われます。
無事に買い手が見付かり、売買契約が成立した際は、仲介手数料を支払う必要があります。
一方、買取は不動産業者が土地の買い手となります。
わざわざ買い手を探す必要がありませんし、仲介手数料も不要です。
こうして見ると、買取のほうが圧倒的に有利に思えますが、重要な点が抜けています。
実は仲介のほうが、買取価格が高くなることが多いのです。
仲介の場合は、手数料が利益となりますが、買い取りの場合は、リフォームなどを施してから転売して利益を得ます。
しかし、買い手が付かないなどのリスクがあるので、そういったリスクを避けるために、買取価格は低くせざるをえないのです。

メニュー

『土地 維持』 最新ツイート

@yokohama_kankyo

【記者発表】横浜の緑に関する市民意識調査及び土地所有者意識調査の結果について 横浜の「緑や花」に関する意識や樹林地・農地を所有・維持するうえでの課題等を伺う調査を行いました。この度、調査結果がまとまりましたので、お知らせします。詳細→https://t.co/xN7RC73WWw

1時間前 - 2017年10月23日


@suzuk0s

家もだし土地もさ、維持管理に相続、と考えると面倒くささ極まる

1時間前 - 2017年10月23日


@baphomet_2525

@010_nu 農耕社会での女性差別は「土地所有」と「相続」において生じている、古い言葉でいえば「生産手段の収奪」です^^ それに産業社会では「労働」における差別が重なる^^ 情報・サービス社会ではその2つの差別を解消しないとシス… https://t.co/wmCUaMskMX

3時間前 - 2017年10月23日