土地の事をもっと学ぶ【土地の大辞典】

土地の大辞典

土地の売買と無権代理の場合の契約について

無権代理の契約について

代理とは、他人の権利の行使を本人に代わって行うことです。
法的な代理と任意的な代理があります。
法的には未成年や成年被後見人など独断で法律行為を行うことができない人の代理があります。
任意的には法的行為を代理する契約や委任を受けて行う代理です。
こうした代理を行う人のことを代理人といいます。
無権代理とは、この様な代理人である法的根拠を持たずに行う代理行為です。
わかりやすい例えで説明しますと、子が親の土地を親に無断で売却するといった行為がこれに当たります。
子が親から土地の売却の委任を受けている様に装い、必要な土地の権利証書や印鑑証明書、実印などを揃えていたとしても、親が子に委任したという事実とその証拠、例えば委任状などがなければ代理人として認められない無権代理となりますのでその売買は原則として無効となります。
また売買の買主は、子が無権代理である事が判明した時はこの売買を取消す事ができます。
ただし、親が後から売買を認める(追認といいます)と子の代理行為が有効となり売買が成立する事になります。
また、追認が行われた後では買主からの取消はできません。

土地の売買と表見代理が成立した場合について

土地の売買とは、土地およびその定着物です。
動産と不動産に大きく分けられますが、不動産の場合、非常に高い財産的価値があるのが普通です。
当該売買において、表見代理人という法律効果が成立した場合について本稿では考えます。
表見代理とは、表見代理人というのは、無権代理人の一種です。
本当は代理権がない代理人のことを無権代理人と言います。
しかし、一見、代理権があると信じるにつき理由がある場合があります。
その場合に、無権代理人の効果を代理人の有効な代理人の行為とすることが法的に認めらています。
本稿では、無権が有権扱いになる要件ではなく、無権が有権扱いになった(成立)した場合についてが主に論じるところです。
答えとして、代理行為につき、無権が有権扱いにされれば、普通の代理人の行為として扱われます。
これは、表見的には代理人だと認められる場合に、代理権有りと信じるにつき正当な外観要素があり、それを信じた救うべき人間を救うという趣旨の話です。

メニュー

『土地 代理』 最新ツイート

@trademark_bot

[商願2017-131623] 商標:[画像] / 出願人:株式会社ハウスオブ銀座 / 出願日:2017年9月21日 / 区分:36(建物の管理,建物の貸与,建物の売買,建物の売買の代理又は媒介,土地の賃貸の代理又は媒介,土地の管… https://t.co/g8MDZLxm9x

9時間前 - 2017年10月23日


@trademark_bot

[商願2017-131622] 商標:[画像] / 出願人:株式会社ハウスオブ銀座 / 出願日:2017年9月21日 / 区分:36(建物の管理,建物の貸与,建物の売買,建物の売買の代理又は媒介,土地の賃貸の代理又は媒介,土地の管… https://t.co/uQBDQyiCbI

9時間前 - 2017年10月23日


@kabuevangelist

【本日の無料特選銘柄】東証JQS[3236]プロパスト 首都圏などでマンション開発・販売代理を展開する企業で、土地再開発や中古不動産再生も手掛けています。同社は…続きは8時35分配信済みの当サイト「朝刊レポート」にて。 https://t.co/AqMGSJmG5Z

11時間前 - 2017年10月23日